ルーレットの倍率

ルーレットには大きく分けて2つの種類がある

皆さんはルーレットの倍率について、考えたことはありますか?ルーレットは0(緑色)の数が1つか2つかでプレイヤーの有利不利が大きく変わってきます。0が37個中1つのルーレットをヨーロピアンルーレットと呼び、0と00があるルーレットをアメリカンルーレットといいます。

ヨーロピアンルーレットのないオンラインカジノはまずありません。0か00の緑に賭けるということはあまり無いと思いますので、2つの種類を比べて有利なヨーロピアンルーレットを選択することをおすすめします。後述の2倍配当の赤黒賭けなどを好んで行うようであれば、ヨーロピアンルーレットの亜種としてフレンチルーレットという種類もあります。

倍率の大きなインサイドベット

基本的にルーレットをするのであれば個人の好みにもよりますが、当たったときの倍率が大きいインサイドベットに賭ける方がいいのではないでしょうか?インサイドベットは数字に直接ベットを行う方法で以下のような賭け方があります。その他に0付近にベットをする方法もありますが割愛します。

  • ストレートアップ(1点賭け):数字一つに賭ける⇒配当36倍
  • スプリットベット(2点賭け):テーブル上のレイアウトのとなりあった数字に賭ける⇒18倍
  • ストリートベット(3点賭け):レイアウトの横に連続する3つ数字に賭ける⇒12倍
  • コーナーベット(4点賭け):レイアウトの隣り合う4つの数字に賭ける⇒9倍
  • シックスウェイベット(6点賭け):ストリートベット2列分に賭ける⇒6倍

倍率の小さなアウトサイドベット

テーブルレイアウトの数字以外の場所に賭ける方法です。数字外のエリアにチップを置くことからアウトサイドベットと言われます。倍率は低いですが、当たりやすいのが特徴です。

ダズンベット(Dazen):1~12、13~24、25~36の12個の数字をカバー⇒3倍

コラムベット(Column):テーブルレイアウト上の縦1列の数字をカバー⇒3倍

オッドイーブン(Odd Even):奇数か偶数に賭ける⇒2倍

ハイロー(Hi Low):1~18か19~36に賭ける⇒2倍

カラー/レッドブラック:赤か黒に賭ける⇒2倍

ダズン/カラムベットの必勝法の落とし穴

よくネット上のルーレットの必勝法にて空回しで同一ダズンまたはコラムに3回落ちたら他の2つのエリアに賭ける98.48法が挙がりますが、ルーレットは全て独立事象といって前後の出目は全く関係ありません。実行しても負けるだけなので注意です。